line4.jpg

HOME > 七五三

七五三
title_bar.jpg

前撮り(後撮り)をはじめ撮影のみ、レンタルのみ、衣装の持込からお出かけの際のヘア&メイク・着付けまで、七五三に関するすべてのご要望にお応えいたします

クローバーでは7月から12月まで、毎月特典盛り沢山の七五三撮影イベントをご用意しています。

各撮影イベントに設けた「パック料金」の中にはヘア&メイク・着付けなのど諸費用、撮影料、六つ切サイズの写真1枚が含まれています。ご希望の方はプリント料にて追加購入していただけます。
いずれの撮影イベントも約7ポーズ30カット以上撮影、その後すぐに大画面を見ながらお気に入りの写真を選んでご購入いただけます。
ぐずっていたりしても大丈夫です。慣れたスタッフが最高の表情を引き出します。
お母様のヘア&メイク、着物着用をご希望の方は着付けや着物レンタルも承っておりますのでお気軽にお申し付け下さい。

Pickup01

スタジオクローバーならではの
七五三撮影イベント

ご要望の多い内容をパックにして各月ご提案をしております。内容をご確認の上、ご希望に合う撮影会をご利用ください。わからない事があればお気軽にお問い合わせください。また、「こんなことをして欲しい」といったご要望があればお聞かせください。
ちびっ子モデル.png7月8月は恒例七五三プレイベント!
753前撮りパック.png9月10月特典いっぱい七五三前撮り撮影会!
753レンタルパック.png11月いよいよ本番!各種撮影会をご用意!

Pickup03

ご兄弟で参加される場合は、お二人目からの撮影料はサービスさせていただきます

各撮影会で組んでいるパック料金にはすべて「撮影料(3,150円)が含まれています。ご兄弟で撮影会に参加される場合は、お二人目からの撮影料をサービスさせていただいております。撮影する際には、ご兄弟での撮影もさせていただきますよ。

Pickup02

年間数百人を手掛けるヘア&メイク、着付けのプロがお子様を素敵に仕上げます

ご要望をお聞きしながらお子様に合わせて丁寧に進めます。不安がる保護者の方もおられますが、お子様に伝わりますので、どうぞ安心してお任せ下さい。特に女の子はどんなに小さくても、きれいになるのが好きなんだと驚かされますよ。
ドレスやタキシードなどの洋装も取り揃えております。洋装での撮影もご希望の場合はご予約の際お申し付け下さい。
753ヘアメイク.png

兄弟.jpg

ちびっ子モデル体験撮影会

お写真の追加に関しては、購入例のページを参考にしてください
お写真ご購入例

当撮影会の参加特典として、下記の特別料金にてお出かけレンタルをご予約いただけます。
753_72.gif

753前撮りパック

お写真の追加に関しては、購入例のページを参考にしてください
お写真ご購入例

当撮影会の参加特典として、下記の特別料金にてお出かけレンタルをご予約いただけます。
前撮り特典.png

レンタルパック.jpg

お写真の追加に関しては、購入例のページを参考にしてください
お写真ご購入例

記念撮影パック.jpg




スタジオクローバー




お母様のお支度も

お母様のヘア&メイク、着物着用をご希望の方は着付けやレンタルもご相談ください

所要時間はヘア&メイクで30分ほど、着付けも合わせて1時間ほどみておいてください。ご主人やお子様と時間差で店に入られることをおすすめしますが、お店で待って頂いても大丈夫です。(DVDを見ながらお待ち頂けるスペースを設けております)

ヘア&メイク料金
ヘア&メイク
5,400円
(ヘア or メイクのみ3,240円)
着付け
4,320円

撮影のみの着物のご利用は無料です

着物レンタル 21,600円(フルセット)
※足袋と肌着のみご持参ください
※外出しない(撮影のみ)場合は無料でご利用いただけます

豆知識

七五三

子供の厄をはらう 七五三を祝う

三歳、五歳、七歳と成長の筋目に近くの氏神様に参拝して無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿をお祈りするというのが七五三の行事です。
乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認められたそうです。七五三の行事は三歳の男女ともに「髪置き:髪をのばしはじめる」、五歳男子「袴着(はかまぎ):はじめてはかまをつける」七歳女子「帯解き:帯をつかいはじめる」のお祝いで、明治時代になって現代の七五三として定着しました。

どこの神社で?

基本的には近くの氏神様ですが、どうしても希望の神社でという場合もあるでしょう。子供のことを考えると体力的にも無理がない範囲が無難。小さい子供ですので、慣れない着物などかなり負担になることも考慮してあげましょう。

11月15日にこだわらなくてもいい?

なぜ11月15日に七五三を祝うようになったのかは、この日が「鬼宿日(きじゅくにち)」鬼が自宅にいる日で最良の日とされるから、また霜月祭りの日だからなどいろいろ説があるようです。現在ではこの日にあまりこだわらず、10月末から12月頭くらいの期間でご都合の良い日に行なわれています。

お祓いしてもらう時の心得

どうしてもこの時期込み合うことが多いので事前に連絡しておきましょう。その時に神社への謝礼の金額を確認しておきます。神社によっては規定料金を設定している場合もあります。
だいたい三千円から一万円ぐらいの範囲です。このときの祝儀袋の様式は結びは蝶結び、水引は紅白、表書きは「御初穂料」「御玉串料」です。また、白封筒でもかまいません。名前は子供の名前で年齢を書きます。

よくあるご質問

前撮りをしたいけど家族の都合が…

ご安心下さい。各前撮りイベントをご利用いただきますと、11月のお出かけの際は撮影料は無料で家族撮影をさせて頂きます。

兄弟で撮るとどうなるの?

ご紹介している各パック料金にはそれぞれ撮影料(3,150円)が含まれています。当店では撮影料は一家族単位で頂戴しておりますから、その分は差し引かせて頂きます。

用意するものは?

撮影日は手ぶらで結構です。すべて当店のもので対応致します。お参りにお出かけされる際には「足袋」「肌着」「髪飾り」をご用意頂くか、当店にてご購入頂いております。

衣装持込の方へ

身上げについて

七五三の着物はサイズは一律で、肩や胴の身上げをしてお子様の寸法に合わせるようになています。身上げのやり方がわからなければ遠慮なくご相談下さい。事前にお持ち込みいただければ、簡易式ではありますがサービスでさせていただきます。

「初着」ご利用の注意

お宮参りにご用意された「初着」は一つ身というサイズの着物で、七五三で利用できるのは3歳までなんです。また、身上げや袖の加工などをしておかなければ、そのままではご利用いただけません。やり方がわからなければ遠慮なくご相談下さい。事前にお持ち込みいただければ、簡易式ではありますがサービスでさせていただきます。